2007年03月14日

残る不安定化の根~2次QE後経済見通し

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<実質成長率:2007年度1.8%、2008年度は2.0%に>
  1. 10-12月期のGDP(2次速報)は、実質成長率が前期比1.3%(年率5.5%)となり、11月発表の1次速報(前期比1.2%、年率4.8%)から若干上方修正された。消費の持ち直し、設備投資の伸びから内需中心の高成長となった。
  2. 2006年度の実質成長率は2.1%となり、前回の見通しよりも若干高まると見込まれるが、2007年度、2008年度の成長率は前回見通しと同じである。10-12月期の米国の経済成長率は大幅に下方修正されたが、年末に向けて再加速していき、日本も次第に成長率が高まるという姿の見通しも変わらない。
  3. 2月末の中国株下落に端を発した世界的株価下落や、円キャリー・トレードの解消による円高は一度は落ち着きを見せた。しかし、米国の家計貯蓄率のマイナスや大幅な経常収支赤字がもたらす不均衡は続いており、市場の不安定化の根は残っている。
37010_ext_15_1.jpg
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【残る不安定化の根~2次QE後経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

残る不安定化の根~2次QE後経済見通しのレポート Topへ