2007年01月25日

金融機関のイメージ評価と金融行動

生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー   井上 智紀

文字サイズ

金融サービスをめぐる競争の激化、消費者の金融商品選択行動の変化の中で、金融機関においてもブランド戦略の重要性が増しつつある。
消費者の金融機関イメージについて分析したところ、都銀各行や大手生保と外資系、ネット銀行とではブランド評価に差異があることが明らかとなった。
都銀各行や国内大手生保は、差別化につながる競争優位の源泉を求めるとともに、自らの金融サービス業としてのブランドの再構築が急務であるといえよう。

このレポートの関連カテゴリ

40_ext_01_0.jpg

生活研究部   シニアマーケティングリサーチャー

井上 智紀 (いのうえ ともき)

研究・専門分野
消費者行動、金融マーケティング、ダイレクトマーケティング、少子高齢社会、社会保障

レポート

アクセスランキング

【金融機関のイメージ評価と金融行動】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融機関のイメージ評価と金融行動のレポート Topへ