2007年01月25日

進化するポイントカードとその将来性

  小本 恵照

文字サイズ

商品・サービスの購入に対してポイントを付与する企業が増えている。顧客の将来の継続購買を期待してポイントカードは発行される。しかし、ポイントが溜まりにくいという消費者の不満も強い。
この不満に対応する形で、共通ポイント発行やポイント交換といったビジネスが生まれている。ただし、これらの対応は顧客の継続購買意欲を低下させる面を持つ。
今後は、発行費用と効果の検証によって、ポイントカードの販促手段としての選別が進むと予想される。

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【進化するポイントカードとその将来性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

進化するポイントカードとその将来性のレポート Topへ