2007年01月01日

不動産投資市場の現状と見通し 不動産市況アンケートの結果より

  岡 正規

文字サイズ

不動産投資市場では、内外の投資資金が引続き市場に流入しており、不動産の取得競争が激化してきている。ニッセイ基礎研究所が、今回実施した不動産投資の実務家・専門家向けアンケートでは、「高値だが適正な範囲」とする回答者が昨年に比べ増加して、高値取引の警戒感が薄れ、市場動向を楽観視、あるいは追認する傾向が強まっているように思われる。

このレポートの関連カテゴリ

岡 正規

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【不動産投資市場の現状と見通し 不動産市況アンケートの結果より】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産投資市場の現状と見通し 不動産市況アンケートの結果よりのレポート Topへ