2006年12月25日

療養病床の再編が担う社会的入院の解消

  阿部 崇

文字サイズ

2011年度末に向けて療養病床38万床が再編される。医療保険対象の療養病床は25万床から15万床に削減され、介護保険対象の療養病床(介護療養型医療施設)13万床は廃止される。23万床分の入院患者の受け皿はどのように考えられているのか。
社会的入院の解消に向けた施策として評価できる一方で、その進め方については継続的な検証が求められる。

阿部 崇

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【療養病床の再編が担う社会的入院の解消】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

療養病床の再編が担う社会的入院の解消のレポート Topへ