2006年12月01日

サープラスは誰のものか?再考

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

サープラスは企業(株主)のものか?従業員のものか?昔から議論が行われてきたが、今回は法律的、経済学的な側面を復習し、さらにコントリビューション・ホリデー(掛金の休日制度)が、この問題にどのような影響を及ぼすか分析した。もちろん、結果はサープラスを従業員のものか、株主のものか、決めるのは難しいという結論である。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【サープラスは誰のものか?再考】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

サープラスは誰のものか?再考のレポート Topへ