2006年11月25日

私的年金が強化されるドイツ年金制度

  小松原 章
保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

老齢所得における官と民の役割は先進各国の共通課題である。ドイツにおける公的年金中心から私的年金を含めた老齢所得財源の多様化を目指す姿勢は、新しい動きとして注目に値する。
本稿ではドイツ年金制度の改革動向と私的年金の役割について紹介する。

このレポートの関連カテゴリ

小松原 章

52_ext_01_0.jpg

保険研究部

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

レポート

アクセスランキング

【私的年金が強化されるドイツ年金制度】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

私的年金が強化されるドイツ年金制度のレポート Topへ