2006年11月25日

高齢者と仕事のあり方

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

改正高齢法施行後の高年齢者雇用確保措置の企業や産業界の実施状況を見ると、大多数の企業が継続雇用を実施している。
また、「団塊の世代」の仕事や生活の意識を最近の調査から概観すると多様なニーズもある。
間近に迫った「団塊の世代」の定年ではこれらの措置を選択することになるが、企業と高齢者の両者にとってメリットを生む、多様なニーズに応える工夫により、活力ある高齢社会の構築が期待される。

このレポートの関連カテゴリ

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【高齢者と仕事のあり方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者と仕事のあり方のレポート Topへ