2006年09月25日

デフレ脱却後の企業行動を展望する

  小本 恵照

文字サイズ

今年7月に実施したニッセイ景況アンケートによると、約半数の企業が、緩やかなインフレ(1~2%程度)は経営にとって望ましいと考えていることが判明した。
日本銀行のゼロ金利解除に伴う借入金利の上昇については、過半数の企業が2007年3月までに0.5%以上の上昇を予想している。
9割以上の企業は今回の景気回復が「いざなぎ景気」を超えると見るなかで、約3割の企業が借入を増やす計画と回答、また、約2割の企業は経営戦略を積極経営に転換する見込みである。

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【デフレ脱却後の企業行動を展望する】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

デフレ脱却後の企業行動を展望するのレポート Topへ