2006年09月01日

オルタナティブに国内債券の内枠としてどの程度投資できるか?

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

オルタナティブを国内債券の内枠として投資する場合が多いようである。為替ヘッジ戦略にもよるが、リスクが比較的大きいヘッジファンドや海外REIT に投資する場合、ベンチマークに対するトラッキング・エラーでリスクを見ると、内枠10~20%程度が限度のようである。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【オルタナティブに国内債券の内枠としてどの程度投資できるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オルタナティブに国内債券の内枠としてどの程度投資できるか?のレポート Topへ