2006年09月01日

米国エリサ法の大改正その狙いと意義―

  田中 周二

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

1974年制定の米国エリサ法は、1987年の完全積立基準(非継続基準の導入)の大改正を含む大小の改正を繰り返してきたが、この8月に上院を通過した2006年改正は歴史的にも大きな意義を持つ大改正といえよう。巨大年金基金の終了に伴う年金給付保証公社(PBGC)の財政悪化問題やキャッシュバランス制度の法的問題、401(k)制度をめぐるエンロン事件などを解決すべく厳格化された今回の新エリサ法がどう定着するか、今後の動向が注目される。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

田中 周二

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国エリサ法の大改正その狙いと意義―】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国エリサ法の大改正その狙いと意義―のレポート Topへ