2006年07月25日

米国「過剰消費」の構造

  土肥原 晋

文字サイズ

米国の消費が「過剰」であるとし、批判の的となっている。世界経済不均衡の要因として、近年の急拡大が問題視されている米国の経常赤字について、その原因は過剰消費と財政赤字に求められている。
このため、経常赤字縮小にはこれらの支出抑制が必要とされるのであるが、本稿では、家計の消費は何に使われ、なぜ貯蓄率がマイナスとなるような消費行動が取られるのか等を中心に、米国の消費構造について検証を試みた。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国「過剰消費」の構造】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国「過剰消費」の構造のレポート Topへ