2006年06月16日

欧州経済見通し-ユーロ圏経済は年末にかけてピーク・アウト-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏:2006年2.0%、2007年1.7% >

  • ユーロ圏では輸出の好調と雇用の改善が続き、景気回復の基盤は広がりを見せている。4~6月期、7~9月期は引き続き潜在成長率並みの成長が続くが、今年末~来年前半にかけては世界景気の減速とユーロ安の修正に伴う輸出鈍化、利上げ効果の浸透、2007年初のドイツの付加価値税率引き上げなどの影響で減速が見込まれる。
  • ECBは6月の利上げ後も段階的に金融緩和を除去する意向を示したが、年末には景気は減速、インフレ・リスクも後退するため、9月の25bpの利上げで打ち止めとなろう。

< イギリス:2006年2.3%、2007年2.3% >

  • イギリス経済は2四半期連続でトレンド並みの成長を維持、順調に回復しつつある。
  • 住宅市場の持ち直しで個人消費失速のリスクは後退したが、雇用への不安や高水準の家計債務残高が制約となり、今後も消費回復のペースはマイルドに留まろう。
  • 製造業は、ユーロ圏の景気拡大により輸出主導で長い停滞を脱しつつあるが、年末にかけて外部環境の変化に伴うピーク・アウトが予想される。
  • BOEは個人消費回復のサポートのため、政策金利を据え置くものと見込まれる。
36839_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し-ユーロ圏経済は年末にかけてピーク・アウト-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し-ユーロ圏経済は年末にかけてピーク・アウト-のレポート Topへ