2006年05月25日

都市計画マスタープランの実効性ある推進に向けて

社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

文字サイズ

1992年の都市計画法の改正により、市町村に策定が義務づけられた「市町村の都市計画に関する基本的方針」いわゆる市町村都市計画マスタープランは、既に概ね全ての市町村で策定が終了し、今後は見直しが課題になってこよう。
住民参加プロセスを経て策定されたマスタープランは、その過程で一定の成果を得た。しかし、その後の推進については多くの課題が残されている。
ここでは、マスタープランの見直しを契機に、実効性ある推進に向けた仕組みの制度化を提案する。

このレポートの関連カテゴリ

64_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【都市計画マスタープランの実効性ある推進に向けて】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

都市計画マスタープランの実効性ある推進に向けてのレポート Topへ