2006年04月25日

拡大するユーロ圏

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■目次

1.EU拡大から2年が経過
2.拡大は2007年以降、段階的に実現
3. 2010年以前の経済的影響は小

■introduction

2004年5月の中東欧など10カ国の欧州連合(以下EU)への新規加盟から2年が経過した。新規加盟国の成長率は、2004年5.0%、2005年4.0%と加盟前5年間の平均3.3%を上回り、順調に推移している。
今年6月には、3つの新規加盟国がユーロ導入の条件の1つである「ERMⅡ(新為替相場メカニズム)(注)への2年間の参加」を満たすようになり、2007年には少なくとも1カ国がユーロに参加する見通しとなった。その他の国でも緩急の差があるが、ユーロ導入の準備が進展しており、ユーロ圏は今後数年にわたり段階的に拡大することになりそうだ。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【拡大するユーロ圏】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

拡大するユーロ圏のレポート Topへ