2006年04月25日

国内クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場の最新動向

  川上 高志

文字サイズ

本稿では、クレジットデリバティブの中でも最も基本的なCDSについて考察する。従来、CDS価格は同じ信用リスクを反映すると考えられる社債スプレッドから導出が試みられていたが、実際の価格と乖離することがしばしば見られた。
一方で、国内においてもCDS市場が急速に発展してきており、CDS価格情報などインフラが整備されるなか、QUICKとニッセイ基礎研究所は、CDS価格データを利用して算定するCDS理論価格モデルを共同開発した。
モデルによる理論値を実際に市場で観測されるCDSプレミアムと比較し、モデルの妥当性について検討するが、価格付けの高度化は、CDS市場の発展に貢献するであろう。

このレポートの関連カテゴリ

川上 高志

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【国内クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場の最新動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国内クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場の最新動向のレポート Topへ