2006年04月21日

米国経済動向~利上げ停止は、今後の指標次第に

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の動き>

  1. 1-3月期の実質GDPは、10-12月期減速の反動や暖冬の影響もあって、やや上振れると予想され、前期比年率では4%台後半~5%が市場のコンセンサスとなっている。しかし、その後の景気は、金利上昇を受けて次第に減速に向かうと見られるのに加え、最近の原油・ガソリン価格高騰の再燃等も景気減速要因として浮上してきている。
  2. こうした中、FRBは3/27・28のFOMCでFF金利の目標水準を4.75%に引上げた。FRBは引続きインフレ圧力を懸念しており、なお1~2回の利上げが見込まれているが、一方では、金融引き締めの行き過ぎを懸念しており、経済指標を睨みながら利上げ打ち止め時期を模索する動きとなろう。
36807_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済動向~利上げ停止は、今後の指標次第に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済動向~利上げ停止は、今後の指標次第にのレポート Topへ