2006年04月01日

確定拠出年金と公的年金加入者の興味深い行動の違い

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

個人にとり重要な問題である老後の準備として、公的年金や確定拠出年金など様々な手段が提供されている。確定拠出年金の加入者は、預金などできるだけリスク取らない資産配分を選択しているのに対して、公的年金では未納・未加入という最もハイリスクな選択がされている。このような正反対の意思決定の要因が何であるかの検討は興味深い。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【確定拠出年金と公的年金加入者の興味深い行動の違い】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

確定拠出年金と公的年金加入者の興味深い行動の違いのレポート Topへ