2006年03月25日

変貌する雇用環境下の日本企業の対応

  小本 恵照

文字サイズ

今年1月に実施したニッセイ景況アンケートによると、団塊世代の退職に備え、過半数を超える企業が若年労働者(35歳未満)の採用の積極化を実施・検討している。
非正社員の正社員への登用については、41%の企業が登用制度・慣行を有しており、登用者を増やしている企業が多い。女性雇用拡大のための施策は、育児に対する配慮を中心に着実に進展している。
改正高年齢者雇用安定法への対応については、検討していない企業は13.5%にとどまり、検討している企業の施策は「再雇用」が圧倒的に多い。

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【変貌する雇用環境下の日本企業の対応】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

変貌する雇用環境下の日本企業の対応のレポート Topへ