2006年03月25日

賃貸住宅市場の概況と投資視点

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

J-REIT市場の拡大など、不動産の証券化が進展する中で、賃貸住宅への投資は増加を続けている。
しかし、現在の賃貸住宅居住者層が大きく減少すると予測され、需要の減退が懸念される。
今後は、競争力のある賃貸住宅物件を精査し、個々の物件ごとの適切なコスト管理を行うことが重要になると考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【賃貸住宅市場の概況と投資視点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

賃貸住宅市場の概況と投資視点のレポート Topへ