2006年03月17日

米国経済見通し~転機を迎える消費環境

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の動き>

  1. 2005年10-12月期の景気の減速(前期比年率+1.6%)は一時的要因と見られ、2006年の景気への影響は大きくない。特に、2006年上半期はハリケーンからの復興需要や消費・設備投資の伸びに支えられ、堅調な推移が見込まれる。
  2. しかし、これまで景気を支えてきた消費支出には、金利上昇や住宅市場の軟化、負債の積み上がり、マイナスの貯蓄率等の課題を抱え、転機を迎えている。今後は、次第に減速の動きとなろう。
  3. 原油価格の高止まりが続いていることもあり、インフレ関連指標の動向とFRBの利上げ政策が注目される。バーナンキ新議長の下でも、FRBがインフレ圧力の持続を懸念していることには変わりなく、当面、利上げ政策が続きそうだ。
  4. 2006年の成長率は3.3%、2007年は2.9%の成長が見込まれる。
36786_ext_15_1.jpg

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済見通し~転機を迎える消費環境】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済見通し~転機を迎える消費環境のレポート Topへ