2006年03月03日

金融政策・市場の動き~4月11日がXデーか

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

  1. 1月全国コアCPI(3/3日公表)は、前年比0.5%となった。これで日銀は量的金融緩和の解除条件は整ったとほぼ判断した模様。解除Xデーは福井総裁の腹しだい。この週末でどの程度市場の解除予想が早まるかによるが、3月9日の解除よりは、4月11の可能性が高まってきた。
  2. 長期金利は、量的金融緩和の解除により緩やかな強含みを予想する。ただし、日銀からの発信に対して市場が間違ったニュアンス(早期の利上げがある)として受け止めてしまい、狼狽的な債券売りとなるリスクは高まっていることには、要注意。
  3. 為替相場は、方向感がつかみにくい展開が続いている。今後は、米国経済の鈍化傾向が見られ始める中で経常赤字問題がクローズアップされ、米国中間選挙に向けて内向きなドル安政策への思惑が高まることが予想され、ドル安トレンドに転換することになるだろう。
36781_ext_15_1.jpg
46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【金融政策・市場の動き~4月11日がXデーか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融政策・市場の動き~4月11日がXデーかのレポート Topへ