2006年02月25日

診療報酬マイナス改定が担う「見かけ」の医療費削減

  阿部 崇

文字サイズ

医療制度改革関連法案が通常国会に順次提出される。
短期的な医療費削減効果を期待される2006年4月の診療報酬改定は、史上最大のマイナス改定で決着した。しかし、その効果は本当に現れるのであろうか。
診療報酬改定の仕組みを知れば、それは「計数上の医療費削減」であることが分かる。「▲3.16%」という数字が医療制度改革にどの程度の意味を有するのか、報酬改定の仕組みから検証する。

阿部 崇

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【診療報酬マイナス改定が担う「見かけ」の医療費削減】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

診療報酬マイナス改定が担う「見かけ」の医療費削減のレポート Topへ