2006年01月26日

耐震強度偽装問題 不動産投資市場への影響 -J-REIT銘柄や私募ファンド運用会社の選別化加速

  松村 徹

文字サイズ

■見出し

・事件の直接的影響
・本当の問題はファンド間のクオリティ格差

■introduction

耐震強度偽装問題は、最新の建築基準で設計された建物でも、想定外の震災リスクが存在する可能性があることを明らかにした。もちろん、実際には多くの建物が耐震設計基準を最低限満たしていると思われるものの、建築確認制度自体への不信感も生んでしまっただけに、疑心暗鬼はすぐに晴れそうにない。分譲マンション市場にとどまらず、不動産投資市場においても、物件の耐震強度に対する関心は一気に高まったといえる。

このレポートの関連カテゴリ

松村 徹

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【耐震強度偽装問題 不動産投資市場への影響 -J-REIT銘柄や私募ファンド運用会社の選別化加速】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

耐震強度偽装問題 不動産投資市場への影響 -J-REIT銘柄や私募ファンド運用会社の選別化加速のレポート Topへ