2006年01月25日

配当政策再考

  新田 敬祐

企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ B! Pocketで後で読む

文字サイズ

本稿では、投資家と経営者の相互関係から、配当政策をどう理解したら良いかを考察する。
このテーマは、最近、買収防衛策としてどう活用するかとの視点で取り上げられることが多いが、ここでは原点に立ち返って株主価値との関係を中心に扱う。
最近の理論は、配当政策には経営者からの何らかのメッセージが秘められており、これが株価に影響を及ぼすことを示唆している。配当に関する代表的な理論仮説を振り返りながら、あるべき配当政策のあり方を模索して行く。

twitter Facebook g+ B! Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

新田 敬祐

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【配当政策再考】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

配当政策再考のレポート Topへ