2006年01月20日

2006年のエマージング経済~資金流入環境の変化は潜在的リスク~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • 原油・一次産品価格の上昇と世界的な低金利を背景とする潤沢な資金の流入とを背景に、エマージング経済の高成長が続いている。2005年の成長率は、一部の国の引締めもあり2004年は下回ったものの、なお高水準を維持した。
  • 2006年の成長持続を巡る潜在的なリスク要因は、資金流入環境の急変である。主要通貨の長期金利上昇は緩やかなペースが見込まれる一方で、エマージング経済では危機の経験から政策枠組みの修正、金融システムの健全化、対外債務構造の改善、外準の積み増しが進展しており、急激で大規模な調整のリスクは低下している。
  • しかし、過去3年にわたる高成長の結果、国際収支面では製品輸出の供給力・競争力の高い中国、資源国(ロシア、ブラジル、中東)で経常収支黒字が拡大する一方、インド、トルコ、中東欧などは経常赤字が拡大している。経常赤字国や債務残高の大きい国は、ボラティリティーが高まりやすくなっている点に注意が必要だろう。
36744_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【2006年のエマージング経済~資金流入環境の変化は潜在的リスク~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2006年のエマージング経済~資金流入環境の変化は潜在的リスク~のレポート Topへ