2005年12月25日

ソーシャル・ベンチャーとガバナンスの構造

常務取締役理事   神座 保彦

文字サイズ

ソーシャル・ベンチャーにおいても、社会貢献目的に向けて適切な組織運営がなされているか否かといった点については、営利企業と同じように組織外からのガバナンスを受ける立場にあるという意識が必要である。
企業や行政のガバナンスをすることで社会貢献をしようとするNPOなどでは、これまではガバナンス「する」側の立場が鮮明であったが、同時に自らの組織運営については市民からガバナンス「される」側に立つこととなる。

このレポートの関連カテゴリ

常務取締役理事

神座 保彦 (じんざ やすひこ)

研究・専門分野
ソーシャルベンチャー、ソーシャルアントレプレナー

レポート

アクセスランキング

【ソーシャル・ベンチャーとガバナンスの構造】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソーシャル・ベンチャーとガバナンスの構造のレポート Topへ