2005年12月25日

生命保険広告の消費者意識・行動へのインパクト

  栗林 敦子

文字サイズ

「金融・保険」業の広告費の伸びが著しいが、中でも、外資系を中心にした医療保険を含む生命保険の広告が顕著である。
マスメディアを通じた大量の広告は、生活者の生命保険に対する関心、知識の変化という形で、わが国の生命保険業界に少なからぬインパクトを与えている。
生活者は、徐々に生命保険を主体的に購入するという態度を身につけ、チャネルにはより質を問うようになってきた。
生活者の生保広告への反応の分析からは、各生保会社のマスコミ広告の位置づけを垣間見ることができるが、広告を大量投入している1社を除き、広告は生活者の購買行動に直接影響するほどには至っていない。
今後は、広告メディアを組み込んだチャネル・ミックスが望まれる。

栗林 敦子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【生命保険広告の消費者意識・行動へのインパクト】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

生命保険広告の消費者意識・行動へのインパクトのレポート Topへ