2005年12月16日

欧州経済見通し -消費はユーロ圏で回復、イギリスでは調整続く-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏:2005年1.5%、2006年1.9% >

  • 2005年は年央から輸出主導で景気が再加速したが、昨年後半の減速が響き、通年の成長率は前年を下回る1.5%に留まる見込み。
  • 2006年は輸出と投資の拡大、個人消費の緩やかな回復で通年の成長率は1.9%に回復。2007年からのドイツの付加価値税引き上げは年後半の個人消費を押し上げる公算。
  • インフレ率は原油高の影響で2006年4~6月期まで2%超の推移が続き、ECBは1~3月期中に25bpの予防的追加利上げを行なう見込み。

< イギリス:2005年1.6%、2006年2.2% >

  • 2005年の成長率は、累次の利上げ効果浸透による個人消費の減速でトレンドを下回る1.6%に減速。住宅市場調整の影響は一巡したが、雇用・所得環境の先行き不透明感等から個人消費の回復は緩慢に留まろう。2006年通年の成長率は2.2%となる見込み。
  • 2.2%となる見込み。利下げが行なわれた8月に比べて、個人消費の失速懸念は後退したが、物価の上振れが警戒されるほどの内需の強さも見られず、政策金利は据え置かれる見込み。
36727_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し -消費はユーロ圏で回復、イギリスでは調整続く-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し -消費はユーロ圏で回復、イギリスでは調整続く-のレポート Topへ