2005年12月01日

内枠か外枠か、オルタナティブ投資への資産配分

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

アセットアロケーション 年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

オルタナティブ投資への資産配分を考える際に、伝統的資産の内枠としてオルタナティブを扱うか、あるいは、独立した資産クラスとして外枠で扱うか、という問題がある。しかし、この問題には決め手となる解決法がないようである。それよりは、配分後のリスク管理を内枠・外枠の2つの側面から行い、リスクに備えるのが得策であろう。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【内枠か外枠か、オルタナティブ投資への資産配分】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

内枠か外枠か、オルタナティブ投資への資産配分のレポート Topへ