2005年11月25日

熱を帯びる不動産投資市場の行方

  松村 徹
  岡 正規

文字サイズ

最近、不動産の売却物件にファンドが殺到して高値落札が相次ぎ、一部にファンドバブルを指摘する声もある。
そこで、2005年10月に不動産投資に携わる実務家・専門家に対して行った不動産市況アンケートを基に、不動産投資市場の現状認識と先行きについて分析を試みた。

このレポートの関連カテゴリ

松村 徹

岡 正規

レポート

アクセスランキング

【熱を帯びる不動産投資市場の行方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

熱を帯びる不動産投資市場の行方のレポート Topへ