2005年11月01日

フォーカス投資の特性を探る

  佐々木 進

文字サイズ

年金基金のポートフォリオのリターン源泉として、これまで以上に、運用力の結晶である「アルファ」を重視する場合、銘柄数を少数に絞り込む「フォーカス(集中)投資」は、従来と同様のロングオンリー制約の条件下では、スムースに実践できる有力な選択肢の1つであろう。

このレポートの関連カテゴリ

佐々木 進

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【フォーカス投資の特性を探る】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

フォーカス投資の特性を探るのレポート Topへ