2005年10月25日

ソーシャル・ベンチャーの経営戦略

常務取締役理事   神座 保彦

文字サイズ

ソーシャル・ベンチャーでは、社会貢献をより良く行うための戦略と、組織のサステナビリティーを維持するために必要なキャッシュフローを獲得するための戦略という二重の戦略が必要とされる。
社会起業家は、二重構造の戦略を適切にマネージすることが必要とされ、その過程で社会的なイノベーションを引き起こすことができれば、大きな社会貢献が生み出されることが期待される。

常務取締役理事

神座 保彦 (じんざ やすひこ)

研究・専門分野
ソーシャルベンチャー、ソーシャルアントレプレナー

レポート

アクセスランキング

【ソーシャル・ベンチャーの経営戦略】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソーシャル・ベンチャーの経営戦略のレポート Topへ