2005年10月21日

米国経済動向~気懸かりなハリケーンの影響とインフレリスク

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の動き>

  1. 8月末のハリケーンは、原油価格高騰に拍車をかけるとともに、米国経済にも相当なダメージを与えた。ハリケーンの影響を把握すべく、市場は9月の経済指標を注視しているが、景気の冷え込みには至らず、多額の財政支出もあってその後の復興需要が期待できそうな半面、物価指数の上昇が懸念される。
  2. FRBは、景気減速を一時的と見て、9月に昨年以来計11回目となる利上げを実施したが、ハリケーン後も原油価格は高止まりしており、今後、エネルギーコストの上昇が最終財や消費財へ転嫁される可能性は否定できない。インフレリスク抑制のための利上げは、当面、なお持続するものと思われる。
36691_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済動向~気懸かりなハリケーンの影響とインフレリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済動向~気懸かりなハリケーンの影響とインフレリスクのレポート Topへ