2005年10月21日

緩やかに変わるインドの経済成長メカニズム

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • 人口の増大に加え、経済パフォーマンスの改善で相対的に高い一人当たりGDPの成長と為替相場の増価が見込まれるようになったことで、インドの経済大国化への期待が高まっている。
  • 確かに、経済自由化の進展にともない財・サービス輸出が拡大、資本流入も増大し、経済パフォーマンスは改善したが、製造業の脆弱性からインドには「国際収支の天井」が存在しており、最近では、経常収支の赤字を安定性を欠く資金でファイナンスする国際収支構造に変わりつつある点に注意が必要である。
  • 「国際収支の天井」の制約を緩和し、人口増大に見合う雇用機会を創出するには、内外の投資を促進するよう構造改革を一層推進し、製造業を強化する必要がある。方向として改革は前進しようが、社会構造面から開発独裁型の成長最優先の政策は採り辛いため、変化のスピードは緩やかなものとなろう。成長率で中国を追い抜き、為替相場が持続的な増価に転じるまでには、なお時間を要するものと思われる。
36690_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【緩やかに変わるインドの経済成長メカニズム】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

緩やかに変わるインドの経済成長メカニズムのレポート Topへ