2005年10月01日

年金会計基準再考(3)さらに揺れる会計基準

  臼杵 政治

文字サイズ

数理計算上の差異の即時認識だけでなく、(1)基礎率やキャッシュフローに関連する開示事項を充実させる、(2)年金資産・債務の差額でなく、総額を連結財務諸表に計上する、(3)キャッシュバランスプランの扱いを改める、など会計基準の変革が、グローバルに進展している。今後の制度設計・運営に当たっては、これらの動きへの目配りが欠かせない。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【年金会計基準再考(3)さらに揺れる会計基準】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金会計基準再考(3)さらに揺れる会計基準のレポート Topへ