2005年09月25日

企業金融の変化と金融機関再編に関する企業の見方

  小本 恵照

文字サイズ

今年7月に実施したニッセイ景況アンケートによると、約8割の企業がメインバンクのサービスに満足している中で、「事業内容を重視した融資」など、金融機関との取引内容には変化が見られる。
金融のコングロマリット化については、望ましくないという企業は約3割であり、望ましくない理由としては「抱き合わせ販売の懸念」を挙げる企業が最も多い。
政府系金融機関の改革を必要と考えている企業は64%に上るが、抜本的改革が実現できると考えている企業は22%にとどまる。

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【企業金融の変化と金融機関再編に関する企業の見方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業金融の変化と金融機関再編に関する企業の見方のレポート Topへ