2005年09月16日

米国経済見通し~ハリケーンの影響で一時的に減速へ

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済見通し>

  1. 2005年下半期の米国経済は、雇用回復による所得増等を背景に、7月の自動車販売急増等もあって堅調推移が予想されていた。しかし、8月末の大型ハリケーンの襲来は、未曾有の被害と、原油・ガソリン価格の高騰をもたらした。これにより下半期の米国経済は、一転、減速の状況となった。ただし、政府の矢継ぎ早の復興政策もあり、2006年は復興需要が景気を押し上げることとなろう。
  2. FOMCの開催を前に、FRBの利上げ政策の動向が注目されるが、インフレ圧力の持続と、先行きの復興需要を考慮すると、仮に今回の利上げが見送られたとしても一時的なもので、利上げ策の打ち止めには至らないと思われる。
  3. 景気減速は一時的と見られ、2005年の成長率は3.5%、2006年は3.3%の成長が見込まれる。
36665_ext_15_1.jpg

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済見通し~ハリケーンの影響で一時的に減速へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済見通し~ハリケーンの影響で一時的に減速へのレポート Topへ