2005年09月16日

欧州経済見通し -停滞する個人消費-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏:2005年1.3%、2006年1.8% >

  • 2005年のユーロ圏の成長率は1.3%に鈍化、2006年も外需の牽引力が力強さを欠き、過剰雇用・高コスト体質の是正が必要なコア国を中心に雇用・所得環境の改善ペースが抑えられるため、成長率は1.8%と緩やかな回復に留まる見込みである。
  • ECBは9月に原油高を織り込みインフレ見通しを上方修正したが、政策金利の正常化に着手するのは2006年入り後、景気下振れリスクの後退を確認した後となろう。

< イギリス:2005年1.9%、2006年2.3% >

  • イギリスでは、利下げの効果などから個人消費は大きな落ち込みは避けられようが、高水準の家計債務残高、雇用・所得環境の変調、原油高の影響から伸び悩み、2005年の成長率は1.9%まで鈍化、2006年は2.3%まで回復する見込みである。
  • BOEは個人消費の底堅さを見極める必要とインフレ圧力への警戒感から、年内の追加利下げは見送るであろう。
36664_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し -停滞する個人消費-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し -停滞する個人消費-のレポート Topへ