2005年09月01日

年金会計基準再考(2)即時認識の企業評価への影響

  臼杵 政治

文字サイズ

英国の財務会計基準書17号(FRS17)や改定された国際会計基準書19号(IAS19)では、数理計算上の差異の即時認識を積極的に推進しており、日本に波及する可能性がある。それが格付けや株価にどの程度影響するかは、(1)脚注に開示されていた数理計算上の差異に、従来、投資家がどの程度の注意を払ってきたか、(2)認識された数理計算上の差異が、業績報告のどこに反映され、それが今後、投資家に注目されるかどうか、による。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【年金会計基準再考(2)即時認識の企業評価への影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金会計基準再考(2)即時認識の企業評価への影響のレポート Topへ