2005年08月25日

人民元切り上げ後の中国経済

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

中国は貿易摩擦と人民元切り上げ圧力、投機的資金流入への対応策として、約2%の対ドル相場の切り上げと為替相場制度の変更を実施した。
切り上げ幅が小さかったこともあり、人民元切り上げ期待が残存する中で、為替相場の変動を抑制するため金融政策が制約される状況が続き、対米貿易不均衡是正などの効果も限られるなど、経済面での影響は小さいが、中国が市場経済にふさわしい為替相場制度への第一歩を踏み出した意義は大きい。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【人民元切り上げ後の中国経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人民元切り上げ後の中国経済のレポート Topへ