2005年08月01日

年金会計基準再考(1)年金会計と時価主義

  臼杵 政治

文字サイズ

日本の退職給付会計基準は、数理上の差異の遅延認識など、年金資産・債務の変動額を遅延認識することが認められている点では、米国のFAS87と同様、決して時価主義ではない。しかし、財務会計に関する資産負債中心観が一般的になる中、英国のFRS17や新しい国際会計基準IAS19では、時価主義と軌を一にし、数理計算上の差異の即時認識が採用されている。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【年金会計基準再考(1)年金会計と時価主義】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金会計基準再考(1)年金会計と時価主義のレポート Topへ