2005年07月01日

年金基金が高速道路を建設する時代が来る?~郵政民営化と年金基金との関わり

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

郵政民営化が実現されると、社会資本(インフラストラクチャー)整備などへの資金の流れが大きく変わる可能性がある。既に海外でも、新しい収益機会としてインフラ投資に投資家が注目し始めている。収益性が追求できる優良社会資本に対して、将来的には、年金基金が投資を行う時代が到来するかもしれない。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【年金基金が高速道路を建設する時代が来る?~郵政民営化と年金基金との関わり】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金基金が高速道路を建設する時代が来る?~郵政民営化と年金基金との関わりのレポート Topへ