2005年07月01日

株式エンハンスト・インデックス運用再考(下)

  遅澤 秀一

文字サイズ

多数の銘柄を組み込む株式エンハンスト・インデックス運用は、独立した賭けの回数が多く、ポートフォリオ構築にα情報を有効活用しているため、情報レシオが高いとされている。そこで、その意味を検討し、エンハンスト・インデックス運用を採用する場合の注意点を再考する。

このレポートの関連カテゴリ

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【株式エンハンスト・インデックス運用再考(下)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式エンハンスト・インデックス運用再考(下)のレポート Topへ