2005年07月01日

オランダ年金基金に対する新規制の動向

  田中 周二

文字サイズ

オランダの年金基金が、概ね健全な財政を維持してきた原因の一つに、過去、厳格な財務規制を採用してきたことがある。1年以内の積立不足の解消とともに、十分なソルベンシー水準に達するまでの回復計画の策定を義務付けていた。導入が予定されるオランダの新年金法とリスク規制は、さらに国際的動向を先取りするものであり、今後の動向が注目される。

このレポートの関連カテゴリ

田中 周二

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【オランダ年金基金に対する新規制の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オランダ年金基金に対する新規制の動向のレポート Topへ