2005年06月25日

ソーシャル・ファイナンスと社会起業家

常務取締役理事   神座 保彦

文字サイズ

ソーシャル・ファイナンスとは、経済的なリターンである金利とともに、社会的なリターンをも追及するファイナンスである。
社会的なリターンとは、ソーシャル・キャピタル(コミュニティーにおける人々の間に醸成された規範、信頼感、ネットワークなど)が改善することを意味する。
資金供給先は、社会的な貢献を目指すソーシャル・ベンチャーが中心であり、その社会貢献目的を支援することで、ファイナンスがよりよいコミュニティー作りに貢献する役割を持つこととなる。

このレポートの関連カテゴリ

常務取締役理事

神座 保彦 (じんざ やすひこ)

研究・専門分野
ソーシャルベンチャー、ソーシャルアントレプレナー

レポート

アクセスランキング

【ソーシャル・ファイナンスと社会起業家】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソーシャル・ファイナンスと社会起業家のレポート Topへ