2005年06月17日

欧州経済見通し-ユーロ安の意義-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏:2005年1.4%、2006年1.8% >

  • ユーロ圏経済は原油高、米景気の減速が影響し、2005年は1.4%成長に鈍化、2006年は1.8%へと緩やかに回復する見込み。ECBは2005年中は政策金利を据え置き、2006年入り後、景気下振れリスクの後退とともに政策金利の正常化に着手する見通し。
  • 仏蘭のEU憲法批准の否決は中長期的には経済に影響しようが、ユーロの信認の危機に発展するリスクは小さい。穏やかなユーロ安は、財政・金融政策に制約がある中、輸出依存国の低迷脱却を通じた景気格差縮小への唯一の解決策と捉えることも出来る。

<イギリス:2005年2.4%、2006年2.4% >

  • 2005年の成長率は、投資の回復と政府支出が下支えるものの、住宅資産効果の剥落による個人消費の減速で2.4%まで鈍化、2006年も同水準となろう。
  • BOEは住宅価格の大幅な調整を回避し、企業活動をサポートする一方、インフレと住宅価格の上振れリスクに配慮するため、政策金利を据え置く見込み。
36605_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し-ユーロ安の意義-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し-ユーロ安の意義-のレポート Topへ