2005年05月27日

最近の米国経済動向 ~ソフトパッチの短期収束観測が浮上

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の動き>

  1. 4月の雇用・小売等の主要な経済指標が堅調な推移を見せる中、ソフトパッチ入りの観測を強めた1-3月期のGDPが前期比年率3.5%に上方改定され、一時強まった景気減速懸念はやや薄らいだ状況となっている。
  2. 原油・ガソリン価格の再騰により強まったインフレ懸念は、その後、原油価格が一時的に反落し、4月の消費者物価コア指数が前月比横ばいに留まったこともあり、やや沈静化の動きを見せている。
  3. FRBは5/3のFOMCで昨年6月以降8度目となる利上げを行った。FRBでは原油価格上昇等によるインフレリスクを懸念しており、景気動向を睨みながら今後も持続的な利上げを続ける意向である。当面、ソフトパッチ局面からの脱却が注視される中、今回の景気減速をもたらした原油価格の動向や、原材料価格上昇の川下物価への波及が注目される局面と言えよう。
36597_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【最近の米国経済動向 ~ソフトパッチの短期収束観測が浮上】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の米国経済動向 ~ソフトパッチの短期収束観測が浮上のレポート Topへ