2005年05月25日

ソーシャル・キャピタルと社会起業家

常務取締役理事   神座 保彦

文字サイズ

ソーシャル・キャピタルとは、地域コミュニティーにおける人々の間に醸成された規範や信頼感あるいはネットワークを意味する。
ソーシャル・ベンチャーの経営者である社会起業家は、その運営場面で、ソーシャル・キャピタルと多くの接点を持つ。ソーシャル・キャピタルは社会起業家の社会貢献目的を効率的に達成できるかに影響する要因であるので、社会起業家はソーシャル・キャピタルに対して十分な注意を払いマネージする必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

常務取締役理事

神座 保彦 (じんざ やすひこ)

研究・専門分野
ソーシャルベンチャー、ソーシャルアントレプレナー

レポート

アクセスランキング

【ソーシャル・キャピタルと社会起業家】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソーシャル・キャピタルと社会起業家のレポート Topへ