2005年05月25日

資金循環から見る米国経済事情

  土肥原 晋

文字サイズ

米国では2001年のリセッション以降、大型減税と大胆な利下げ策が実施され、景気回復がもたらされた。
しかし財政赤字は急速な拡大を見せ政府の資金不足を拡大した一方、家計は低金利を背景に住宅ローンのリファイナンスを行い、負債を急伸させた。また大幅な経常赤字が海外部門の資金余剰を拡大している。
本稿では2004年の資金循環表の発表を踏まえ、資金循環から見た米国経済の最近の動向や今後の課題について論じた。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【資金循環から見る米国経済事情】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

資金循環から見る米国経済事情のレポート Topへ